FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームラボ、UI とゲームが融合した「コンテンツインターフェイス」を提唱 

チームラボ、UI とゲームが融合した「コンテンツインターフェイス」を提唱

チームラボは、2009年4月6日、同社の新しい試みである「SKETCH PISTON(スケッチピストン)」を発表した。

同社によると、SKETCH PISTON は、それ自体がサイトでもあり、ユーザーインターフェイスでもある、とのこと。

「SKETCH PISTON」は、キャラクターの動きに変化を与えるペンとスタンプを使って、サイト上に落書きをしていく「スケッチアクション」という新しいジャンルのゲーム。ペンやスタンプの種類によって、キャラクターがコミカルに動く。

SKETCH PISTON は、サイト上のゲームコンテンツではなく、ユーザーインターフェイスとゲームが融合した「コンテンツインターフェイス」というユーザーインターフェイスの新しい形と位置づけられており、チームラボはこれを企業のコーポレイトサイトや商品のプロモーションサイトの一部として発表していきながら、シリーズ化するという。

SKETCH PISTON を使用したサイトの第1弾としては、「SKETCH PISTON1(idu+plus)」が公開されている。

「SKETCH PISTON1」では、キャラクター「ジャパニーズビジネスマン君」が空から落下してくるので、木や自動車などのスタンプや、「加速」、「弾む」といった、動きに変化を与えるペンを駆使して、キャラクターの動きの変化を楽しむことができる。

SKETCH PISTON1 は、不動産開発事業・オペレーション事業を展開する「株式会社アイディーユープラス」の協力を得て、アイディーユープラスのコーポレイトサイトとして、2009年3月13日にオープンした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。