スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シマンテック、リモートコントロール製品の最新版「pcAnywhere 12.5」を発売 

シマンテック、リモートコントロール製品の最新版「pcAnywhere 12.5」を発売

シマンテックは、2009年4月6日、リモートコントロールソリューションである pcAnywhere の日本語版の最新バージョンを提供開始することを発表した。

最新版の「pcAnywhere 12.5」により、ユーザーはより効率的なコンピュータマシン管理や迅速なヘルプデスク業務、遠隔地のデバイスへの簡単かつ安全な接続、コンプライアンス対応などを実現できる。

新バージョンでは、Windows Server 2008 や Mac OS X 10.5 など、最新の OS 環境を新たにサポート。負荷の軽いクイック接続機能により、頻繁にアクセスするコンピュータへ、1回の簡単なクリックでの接続を実現する。

複数の新しい「セッション中」機能により、リモートでのトラブルシューティングおよび作業の効率化を図り、より簡単なコントロールを実現。

最新版の Microsoft Windows に標準で搭載されている、PC/SC 規格準拠のすべてのスマートカード認証に対応。より柔軟性とセキュリティを強化したプライマリおよびセカンダリ認証を提供する。

複数のディスプレイによる表示機能を拡張しており、接続している全ディスプレイの中から、表示またはスクロールするディスプレイの指定が可能となっている。

ショートカットキーにより全てのアクティブなセッションを呼び出し、関連する複数のセッションの迅速な呼び出しと選択を支援するサムネールビュー機能も搭載。

動作メニューにはカスタマイズ機能が追加され、「セッション中」に最も利用するオプション機能の追加が可能となっている。

そのほか、ログ記録、レポート、通知機能の拡張により、企業のコンプライアンス対応を支援。IP アドレス、ログインユーザー名や、キーボードやマウスの状態の変化を認識して、「セッション中」の会話をキャプチャーするチャット記録機能も新たに追加されている。

「Symantec pcAnywhere 12.5標準パッケージ」は2009年4月23日、「Symantec pcAnywhere 12.5 新規ライセンス」は2009年4月6日に提供開始となる。

価格は「Symantec pcAnywhere 12.5 ホスト&リモート版」は、標準パッケージが1万6,800円、新規ライセンス単価が1万2,800 円(5‐24 ライセンスの場合)。「Symantec pcAnywhere 12.5 ホスト版」は、標準パッケージが1万800円、新規ライセンス単価が7,400 円(5‐24 ライセンスの場合)。(すべて税別)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。