FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマ大統領、イラクを電撃訪問…米軍撤収手順を協議 (読売新聞)  

オバマ大統領、イラクを電撃訪問…米軍撤収手順を協議 (読売新聞)
 【イスタンブール=黒瀬悦成】米ホワイトハウスによると、オバマ大統領は7日、欧州・トルコ歴訪の帰途、大統領専用機でイラクの首都バグダッドを予告なしに訪問した。

 駐イラク米軍のレイモンド・オディエルノ司令官を訪問するほか、マリキ首相と電話会談し、米軍撤収問題などについて協議する。

 オバマ大統領が就任後、イラクを訪問するのは初めて。大統領は兵士ら約600人を前に、イラク民主化を「多大なる成果だ」としつつも、「今後18か月がイラクでの任務で最も重要となる」と強調し、今年12月に実施予定の国民議会選に向け、引き続き治安情勢の堅持に当たるよう要請した。

 大統領はまた、オディエルノ司令官に対し、政権がアフガニスタンに関心を集中させつつも、イラクでも「多くの課題が残されている」と述べ、イラク情勢に前向きに取り組んでいく立場を改めて打ち出した。

 大統領は、欧州歴訪後にイラクまたはアフガン訪問の可能性が取りざたされていたが、安全上の理由で日程が秘密にされていた。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。