スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米GM、破産申請に備え「集中的」に準備=関係筋 (ロイター) 

米GM、破産申請に備え「集中的」に準備=関係筋 (ロイター)

[ニューヨーク/デトロイト 7日 ロイター] 米ゼネラル・モーターズ(GM)は破産法適用申請に備えて「集中的」かつ「真剣に」準備を進めている。関係筋がロイターに対して明らかにした。

 最も成功している部門で構成される「新」会社と不採算部門を含む「旧」会社に分割する計画が有力視されつつあり、最も妥当な形態とみられていると、別の関係筋は述べた。

 計画が実行されれば、破産手続きを通じ、担保付き債務など一部債務を新会社が引き継ぐ公算が大きいとの見通しを示した。社債の価値は大幅に低下する可能性が高いという。

 破産手続きの一環として新会社の形態が取られた場合、一部GMディーラーや訴訟請求も痛手を被る見込み。

 GMのヘンダーソン最高経営責任者(CEO)は、破産法適用を申請しない会社再生が望ましいが、必要ならばそうすると述べていた。GMはこれ以上のコメントを控えている。

 ムーディーズ・インベスター・サービスはGM破産の可能性は70%との見方を維持している。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。